19卒理系院生就職活動伝記(^^)

内定ラッシュ

こんばんは、Sでございます。

久しぶり?の更新ですかね。

 

とはいうものの、最近は書類選考の結果が来るだけで特に何の選考にも参加していないので特筆して書くことがないので更新頻度が落ちてしまいますね~

 

どの記事が一番検索されているかを見てみると最近では

テストセンター

の記事がよく見られているようです。

 

テストセンターの記事は指標的な部分を書きましたが正直指標なんてあってないようなものだと思っているので自分が納得感をもてたらその時点で辞めればいいと思いますね個人的には。

ちなみに自分に関してはBCGを通過したものを商事とGSに使いまわしたところ商事は通過してGSはダメだったのでGSは相当狭き門なんだなあと感じました。

それか、ほかの企業と傾斜をつけている部分が異なっているのかもしれませんね。

どっちにしてももう僕はテストセンターは受けなおそうとは全く思わないですし、あとは天に祈るのみですね(笑)

 

さてさて、これからは6月1日から始まるであろう面接をどのようにスケジューリングするかを考えないといけません。

もちろん全部の企業を1日に受けたいのはやまやまですが、それをやると時間的に厳しい部分もあると思います。

たぶん最大で一日に面接を詰め込めるのは5,6社じゃないですかねー。

その中でもしリクルーターなりなんなりがついているところは1日の半日拘束されたりもするみたいですから、そんなことされたらたまったもんじゃないですよね。

まあ向こう側も必死で人材を確保しようと思っているのは分かっていますが。。

 

1日から始まるとはいうものの、自分の周り(理系院生)では内定ラッシュが巻き起こってますねー。やはり理系院生ともなると教授のコネや委託研究先などの関係で本当にすぐに内定がもらえてしまいます。

正直、お前がその会社に入社して大丈夫なの?っていう人がゴロゴロ日系大手の技術職に流れ込んでいくのを見ていると、日本の技術力が心配になります。

かくいう僕は研究が苦手なので、そういった技術職に行く人のことは非常に尊敬していますし、そういった人とのコネクションというか繋がりは大事にしていきたいと思っています。

 

僕も最近、学校推薦ではなくてある日系大手の内定をスカウト経由で頂きました。

初めて内定を頂いてから、なんだかんだ毎月のように内定を頂けている気がします。

それは非常にありがたいことですし、やはり自分としてはある程度内定が出そろった状態で最後は直感で決めたいと考えているので、6月の選考まで気を抜かずにやり切ろうと思います。それまでにOB訪問もたくさん詰まっていますし、自分の疑問点やら何やらをしっかりと解消できればと思いますね。

 

にしても商社は今年はめちゃめちゃにセミナーが多いですね。

ここまでセミナーを開催する意味はなんなのか、就活生に対して何を訴えようとしているのかをしっかりと考え、セミナーに臨む必要があると思われます。

あと、確実に1つひとつのセミナーでの振る舞い、OB訪問は評価されています。

そうでなければ向こう側としてもセミナーを開く意味がありませんし、社員が忙しい時期に学生の話を真摯に聞くはずがないと思います。

 

少なくとも、僕が商社の社員、またはほかの業界の社員だったとして

学生にOB訪問求められていランチにでも行ったとしたら、人事の人にその学生が優秀だったかそうでなかったかくらいは一言報告すると思いますよ(笑)

なのでしっかりと気を引き締めつつ、自分なりに振る舞うことを忘れないようにしようと思います。

 

あと一か月半、皆さんも全力で駆け抜けましょう!!

それでは!!!