19卒理系院生就職活動伝記(^^)

ドリームインキュベータ 本選考一次

こんにちは!Sでございます。

 

さて、今回は先週受けてきたDIの体験記を書きます。

 

DIはサマーインターンの時も受けていてその時は1次で散ってしまっていたので何とか今回は挽回したいと思って受けました。

 

サマーの時と同じようにGDのみでJOB参加者を決定し、その中から内定を出すようですねー。

サマーでDIのインターンに参加した友人曰く、夏に内定出した人は殆どDIを蹴ったとのことなので5人くらいには内定を出すのではないかと個人的には思っています。

にしても狭き門であることには間違いないので、そこまで期待をしないで選考にはフラットな気持ちで臨めればいいかなと思っています。

 

さて、一次選考ですがGDが二回ありました。

お題に関しては伏せますが(今回は同じタームの人は同じお題だったようですが)

一回目はよくあるケースお題で、二回目は少し抽象度が高いお題でした。

 

自分がとにかく意識したことは2点で

・自分の意見をしっかりと伝えること

・他人の意見にすぐ協調しないこと

です。

 

1つ目は言わずもがな、自分の意見を理由をつけてしっかりと話せないとそもそも議論にならないのでこれはGDのみならず面接でも当たり前のことですよね。

2つ目は、これは協調性がないと思われるかもしれませんが、あくまでDIのGDは発表もなく何かしらのアウトプットを求められているのではないので、議論を以下に深めることが出来るか、というほうが重要でそこにいかに貢献できるかが大事だと考えたのでこのように意識しましたし、ここはこういうこと考えないといけないのでは?と積極的に発言もしました。

たぶんこの姿勢は他のところのGDでは評価されないですし、どちらかというとJOB内で評価されるような姿勢な気がします。

でもこの姿勢のおかげもあり、一次は通過したので日曜日に二次を受けてきます!!!

 

夏とは周囲のレベルが違うのもありますが、しっかり一次突破できたのはなんとなく自分の成長が感じられるのでうれしいですねー素直に。

 

あと、DIのGDは面接官から質問来る人と来ない人がいると思いますが

 

基本的に質問が飛んでくる人は通過が確定している人か、当落線上にいる人かと思います。また、質問が飛んでこない人に関しても、通過が確定しているか、落選が確定している人だと思われます。

と言いますのも一回目の時は自分の質問は飛んできませんでした。この時は正直通過(2解GDがあるので通過というのはおかしいですが、2回目はレベルの高いGDに混ざらせてもらえるという意味で)したと確信していたので納得でした。

その一方、2回目は質問が飛んできたうえに、結構自分の議論に関する考えやこれからの進め方がどのようになるかという仮説をもって話してといわれたので結構当落線上だったのかなと考えます。

しかし質問が飛んできたことに動揺しすぎてあまり考えられていない話をしてしまったので面接官の反応は正直良くなかったですが通過したのでよく分からんですね(笑)

 

とりあえず2次に向けて出来ることはやろうと思います。

 

いやーJOB行きたいですね。単純に楽しそうですし。

受けましたらまた報告しますね。

 

 

あ、そういえば伊藤忠の自己PR動画出そうと思っていたらいつのまにか締め切られていました。。。笑

昼に締め切るのはやめてほしいですよね。。

三菱と三井はすでに出しました!

GABは形式としては玉手箱と全く変わらないですが、英語えげつないですねあれ。

最後のほうはロトシックス状態になってしまいました(笑)

まあでも言語と計数は8割とれたと思うので問題ないでしょう!

 

 

それでは!!!