19卒理系院生就職活動伝記(^^)

サマーインターン結果

こんにちは!

最近気が抜けてしまって何かとやる気が起きないSです(笑)

 

昨日まで旅行に行ってまして、久しぶりに長距離運転したらめちゃめちゃ疲れてしまいました(笑)

 

さて、表題の件

やっと振り返りが終わったので振り返っていきたいと思います。

 

 

振り返りの仕方としては

エントリー企業の精査⇒何次選考まで進んだか⇒落ちた原因

の順番で進めたのですが、自分案外エントリーしていてびっくりしましたね(笑)

 

エントリー企業と各企業がどの選考まで落ちたか

そのくらいの情報を提供していこうと思います。

その中でもしここの企業の選考情報が聞きたい!みたいな話がありましたら

コメントしてくださればその企業に関して詳細をブログに綴ろうと思います。

 

 

 

エントリーした企業:

 

外資:9社(カーニー、ベイン、strategy&、KPMG、P&G、ADL、BCG、デロイト、point72)

日系:12社(東京海上日動火災保険三井住友銀行三井住友信託銀行野村證券三菱商事経営共創基盤、シグマクシス、第一生命、野村総合研究所日揮アビームコンサルティングドリームインキュベータ)

ベンチャー:7社(Speee、レバレジーズ、SMS、コロプラDeNAGunosy、フリークアウト)

 

辞退企業:

 

外資:ADL、point72

日系:第一生命、アビームコンサルティング日揮、シグマクシス

ベンチャー:なし

 

 

 

一次選考落ち(書類落ちor筆記落ち)

外資;KPMG、P&G、ベイン、カーニー、BCG

日系:経営共創基盤

原因分析:完全に筆記対策を怠った結果であるように思います。特に、英語の筆記っ試験が含まれているところにことごとく落ちているので、現在必死こいて英語の勉強中です。本選考ではこの経験を活かし面接に臨みたいと思います。

ベンチャー:なし

 

 

二次選考落ち(一次面接落ち)

外資:デロイト

日系:野村総合研究所ドリームインキュベータ

ベンチャー:フリークアウト、コロプラDeNA, SMS

原因分析:面接を振り返った時に、自分の言いたいことは言えていたが面接官にうまく伝えることが出来ていなかったのではないか、と思っています。どういうことかというと、自分の中では自分のサークルやアルバイトでの立ち位置をうまく伝えられたと思っていても、前提の異なる面接官には自分の思い通りに伝わっていないということです。

 

あとはとにかく話の長さが長く端的に話すことが出来ていなかったり、発言数が少なかったり、議論をうまくまとめていけてなかったり、基本的なことが出来ていないところが一次で落ちてしまったように思います。

 

とにかく端的に面接官の質問に答えること、これが一番重要だと思ったのでそれを意識して今では面接に臨んでいます。

 

最終選考落ち

ここからは1つひとつ分析します。(メモみたいな書き方します)

 

外資:strategy&

原因分析:論述問題の蔦屋の売上を求める議論がてきとうになってしまったと思う。しっかり面積ベースで求めるべきだったと反省。施策はそこまで悪くなかったと思うので前のフェルミの段階でここのロジックがしっかりしているか、を見られていたように思う。あとは面接が初ケースでところどころ詰まってしまったのが原因のように思う。もっとテンポよく必要な要素を出すべきだった。思った以上に面接の比重は大きいかもしれない。本選考では同じ轍を踏まないようにする。

 

日系:野村證券

原因分析:唯一なぜ落ちたのかがあまり理解できない会社。単純にカルチャーに合わないと判断されたか。正直なに見られていたのか分からない(笑) でもGD自体のレベルは低くて、俺が落ちたってことはあのグループは全員落ちたとも思ってる(笑) GDの中の優秀者を決めた段階でインターン採用人数を超えていて、そこから海外経験で絞られた可能性がある。(というか勝手にそう決めつけています(笑))それはどうしようもないよなあ、、、。結局英語やれってことなんやろな。というわけで勉強しまっす。

 

ベンチャー:Speee、レバレジーズ、SMS

原因分析;面接官に魅力のある話し方をすることが出来なかった。それに尽きる気がします。あとはベンチャーマインド、いわゆるベンチャーでばりばりやっていきたいというイメージ全面に押し出せなかったのも一つの原因かなと思います。ベンチャーはいい意味でも悪い意味でもサマーインターンの選考にその年の採用を賭けているので、そこでベンチャーに行きたい気持ちを見せることが何より重要だと感じました。僕ら就活生は有名ベンチャーインターンに行くことで自分に箔をつけることが出来ると考えていますが、企業側が考えていることは当然異なります。そこをしっかり意識して面接に臨めたらいい結果になっていたかもしれません。

 

 

 

 

あとは商事が結果待ちですね。いつ来るのやら。

結構落ちてしまいましたが、自分の中でどの部分を直していけばよいのか、それが分かっただけでも上出来な気がするので良しとします。

この経験をしっかり本選考に活かします!!!

 

それでは!!

またちょくちょく更新していくので見てやってください(笑)